口臭予防

口臭予防の方法、口臭をかくす方法をあげてみました。

●洗口液(マウスウォッシュ)
 お店のオーラルケアのコーナーへ行くと、液状のオーラルケア製品がたくさんありますが、殺菌や消毒を目的とするうがい液と、香りで一時的にカバーするマスキング剤に分けることができます。

 【オススメ洗口液】
ジーシー(GC)薬用リステリン 1.5L■薬用リステリン
薬用リステリンは薬用効果が認められた医薬部外品の洗口液。有効成分が歯と歯ぐきの間などブラッシングでは届きにくい隅々までいきわたって殺菌し、歯肉炎、歯垢、口臭を予防してくれます。
詳細を見る>>


●マウススプレー
 マウススプレーの場合は、香りで一時的に口臭をカバーするマスキング効果が主な目的で、口臭の原因を取り除くものではありません。
しかし、人に会うときのエチケットとしてポケットにいれておきたいものです。

 【オススメ・マウススプレー】
エチケットMouthMist フレッシュ&クールミント 5ml■エチケットMouthMist
高い口臭予防効果と清涼実感が得られるマウススプレーです。薬用成分・l(エル)メントール配合。清涼感持続性香料・スピラントール配合で、爽やか実感が長続きします。
詳細を見る>>



●唾液による自浄作用
 唾液そのものには、自浄作用があります。
口を動かさないままだと唾液の分泌が少なくなり、自浄作用が低下して口臭が出ます。
おしゃべりをして口を動かすことにより唾液がたくさん分泌され、口の中を自浄し、口臭を防いでくれます。
口で息をしながらしゃべると、口臭の予防ができますよ。


●チューインガム
 チューインガムをかむと、歯の表面についている汚れがガムにくっつき、ガムで歯の掃除ができ、細菌が増えるのを防げます。
また、ガムをかむと唾液の分泌を促すので、口の中自浄作用を高めて口臭予防ができますよ。


●舌苔用ブラシ
舌苔は舌の表面の細胞や白血球などの垢や細菌の代謝物、食物のかすなどが混ざって出来ています。
舌苔を放置すると腐敗臭を引き起こして口臭の発生源となります。定期的に舌苔を掃除しましょう。

オーラルケアタングクリーナー Oタイプ 1本■タングクリーナー
口臭のおもな原因の一つは、舌に付着したプラークです。カーペット状になった舌の表面を専用の器具で清掃することで、効果的にプラークを除去できます。
詳細を見る>>


Dr.タング(ドクタータング)■Dr.タング(ドクタータング)
うがいや歯ブラシだけでは取れない、舌のヒダに溜まった食べかすやバイ菌、舌の汚れを取り除き、口臭予防や健康維持に役立ちます。
純度95%の銀本体に、純度99.9%の銀をコーティング。舌に馴染みやすくなっています。
詳細を見る>>


カテゴリ: 口臭







  話題のにおい対策グッズ【デオシーム製品】

TVでも紹介された消臭繊維「デオシーム」。
デオシームは、スポーツ衣料メーカーのフェニックスが開発した消臭製縫糸です。
臭気を化学的に中和し、臭いそのものを別の成分に変化させる革新的な消臭糸です。
特にアンモニア臭(汗、尿等の分解物質)、イソ吉草酸臭(ワキガ、足のニオイ)、ノネナール臭(加齢臭)などのにおいに対して消臭作用があります。
消臭力は、洗濯することで空気中の水蒸気とイオン化して離れるので、半永久的に持続するということです。

アウトドア用の衣類ですが、キャミソールや下着などは普段使いにもできますよね。
      

詳しくデオシーム製品を見る>>




  お気に入りの服に汗じみつけたくありませんよね?

気温も高くなって、ワキの下に汗をかき始める季節となりました。
朝、出かけるときに制汗スプレーをシューっとひとふきしてもなかなか汗はとまらないもの。
お気に入りの服に汗じみができたまま放っておくと、黄ばみの原因にもなります!

そこで、汗取りインナーがあれば、お気に入りの服の下に着用するだけ。
ワキの下の汗をしっかり吸い取ってくれますし、
汗ワキパッドのように張り替える面倒もありません。

一度、ご覧になってみませんか?

汗取りインナー夏本番!

脇や背中の汗・汗ジミ、こっそりガードしましょ!

気になる汗をしっかりガード!汗ばむ季節に欠かせない、汗取り肌着、汗取りキャミなど

【インナーウエア】汗ばむ季節に欠かせない、汗取りインナーが登場!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。