足のにおいを防ぐには

足のにおいの原因は汗、アカ、細菌です。
汗やアカを落とし、細菌を増やさないことが、足のにおいを防ぐ基本です。

1.足をこまめに洗いましょう 
 家に帰ったら、手を洗い、うがいをします。そのとき、足も洗う習慣をつけましょう。
 特に指と指の間は汗が蒸発しにくい場所なので、念入りに洗いましょう。
 ボディーシャンプーをつけて洗うと良いですが、殺菌作用のある石鹸で洗うと足のにおいを防げます。 

2.同じ靴を毎日はかない
 その靴が気に入っているからといって、同じ靴を毎日履き続けると、足のにおいのもととなってしまいます。
 同じ靴を毎日はくと、足の水分が靴にしみこんで、靴の中が湿っぽくなります。
 また、足の細菌が、足→靴下→靴と移っていき、靴の中で細菌が増殖してしまいます。
 昨日履いた靴は1日休ませ、1日おき、2日おきに靴を取り替えましょう。
 
 活性炭入りの中敷を使うと、足のにおいをとってくれます。ただし、この中敷もずっと使い続けるのではなく、こまめにとりかえることが大切です。

3.靴下は通気性・吸湿性のよいものを
 足をムレさせないことが一番の足のにおい対策といえます。
 足のにおいが気になる人は、靴下の素材を選んで買いましょう。
 通気性・吸湿性のよい靴下とは、木綿や麻、木綿・麻の混紡がよいでしょう。
 ナイロンなどの化繊はNGです。
 また、足のにおいのひどい人は、1日同じ靴下を履き続けるのではなく、1日に2〜3回履き替えるとよいでしょう。
 
カテゴリ: 足のにおい







  話題のにおい対策グッズ【デオシーム製品】

TVでも紹介された消臭繊維「デオシーム」。
デオシームは、スポーツ衣料メーカーのフェニックスが開発した消臭製縫糸です。
臭気を化学的に中和し、臭いそのものを別の成分に変化させる革新的な消臭糸です。
特にアンモニア臭(汗、尿等の分解物質)、イソ吉草酸臭(ワキガ、足のニオイ)、ノネナール臭(加齢臭)などのにおいに対して消臭作用があります。
消臭力は、洗濯することで空気中の水蒸気とイオン化して離れるので、半永久的に持続するということです。

アウトドア用の衣類ですが、キャミソールや下着などは普段使いにもできますよね。
      

詳しくデオシーム製品を見る>>




  お気に入りの服に汗じみつけたくありませんよね?

気温も高くなって、ワキの下に汗をかき始める季節となりました。
朝、出かけるときに制汗スプレーをシューっとひとふきしてもなかなか汗はとまらないもの。
お気に入りの服に汗じみができたまま放っておくと、黄ばみの原因にもなります!

そこで、汗取りインナーがあれば、お気に入りの服の下に着用するだけ。
ワキの下の汗をしっかり吸い取ってくれますし、
汗ワキパッドのように張り替える面倒もありません。

一度、ご覧になってみませんか?

汗取りインナー夏本番!

脇や背中の汗・汗ジミ、こっそりガードしましょ!

気になる汗をしっかりガード!汗ばむ季節に欠かせない、汗取り肌着、汗取りキャミなど

【インナーウエア】汗ばむ季節に欠かせない、汗取りインナーが登場!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。