体臭のモトとなる汗

体臭のモトとなる汗には2種類あります。
1.エクリン腺
 エクリン腺は体の一部分を除いて、全身に200万〜350万ほどあります。 
 しかし、すべてのエクリン腺が汗を出すわけではなく、実際に活動しているのは半分程度です。
 この活動しているエクリン腺の量が汗の量を左右します。
 また、エクリン腺から出る汗により体温調節がされています。

 エクリン腺からでる汗は99%が水分で、そのほかにはごく少量のナトリウムや塩素、カリウム、カルシウム、重炭酸イオン、尿素、アンモニアなどが含まれていています。

 エクリン腺から出る汗は無臭ですが、汗と皮脂が皮膚の汚れと混じり、細菌によって分解されて臭いをつくります。

2.アポクリン腺
 アポクリン腺はわきの下や外耳道、外陰部などごく限られた場所にのみあります。
 アポクリン腺の役割は、体温調節ではなくニオイの原因となる汗をだすことで、アポクリン腺からの汗のニオイによって、異性をひきつけます。

 アポクリン腺からの汗の成分は、塩分が少なく、たんぱく質・脂質・糖質・アンモニア・ピルビン酸・鉄分などさまざまな成分が含まれており、粘り気があります。
 よって、アポクリン腺の量が多い人はニオイのある汗を出す量が多く、ワキガ体質といわれます。


カテゴリ: 体臭







  話題のにおい対策グッズ【デオシーム製品】

TVでも紹介された消臭繊維「デオシーム」。
デオシームは、スポーツ衣料メーカーのフェニックスが開発した消臭製縫糸です。
臭気を化学的に中和し、臭いそのものを別の成分に変化させる革新的な消臭糸です。
特にアンモニア臭(汗、尿等の分解物質)、イソ吉草酸臭(ワキガ、足のニオイ)、ノネナール臭(加齢臭)などのにおいに対して消臭作用があります。
消臭力は、洗濯することで空気中の水蒸気とイオン化して離れるので、半永久的に持続するということです。

アウトドア用の衣類ですが、キャミソールや下着などは普段使いにもできますよね。
      

詳しくデオシーム製品を見る>>




  お気に入りの服に汗じみつけたくありませんよね?

気温も高くなって、ワキの下に汗をかき始める季節となりました。
朝、出かけるときに制汗スプレーをシューっとひとふきしてもなかなか汗はとまらないもの。
お気に入りの服に汗じみができたまま放っておくと、黄ばみの原因にもなります!

そこで、汗取りインナーがあれば、お気に入りの服の下に着用するだけ。
ワキの下の汗をしっかり吸い取ってくれますし、
汗ワキパッドのように張り替える面倒もありません。

一度、ご覧になってみませんか?

汗取りインナー夏本番!

脇や背中の汗・汗ジミ、こっそりガードしましょ!

気になる汗をしっかりガード!汗ばむ季節に欠かせない、汗取り肌着、汗取りキャミなど

【インナーウエア】汗ばむ季節に欠かせない、汗取りインナーが登場!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。