わきがを手術する

わきが対策には、制汗剤で抑える方法、エステで治療する方法がありますが、一時的な効果、再発の可能性があります。
わきがを完全に治療するには、手術しか方法がありません。

しかし、わきがを手術する前に、重症であるか、本当に手術する必要がある程度のものなのかをクリニック・病院としっかり相談しましょう。
また、病院によっては手術方法がことなりますので、どの方法で手術するかをあらかじめ確かめて、手術後に後悔しないようにしましょう。

【わきが手術法の種類】
●切除法 アポクリン腺とエクリン腺を取り除くために、わき毛の部分を皮膚ごときりとる方法です。
 傷跡が大きく、皮膚がひきつる問題があります。

●掻爬法(そうはほう) 小さな切り口からスプーン上の器具を皮膚の下に入れ、アポクリン腺を書き出します。
 スプーンの先の歯が切れすぎると皮膚が傷つき、切れないと汗腺が残ってしまうので、その調整が難しいといわれる方法です。
 
●剪除法(せんじょほう) わきの下の皮膚を裏返し、はさみでアポクリン線と皮脂腺を取り除きます。
 切りすぎると皮膚を傷め、切り方が十分でないと効果がないので、技術的に難しいといわれる方法です。

●皮下組織削除法 皮膚に1cm幅の切込みを入れ、皮下組織削除器というはさみ状の器具で皮膚をはさみます。
 この器具は、かみそりとローラーを組み合わせたような器具で、皮膚をはさみ、ローラーで上からおさえつつ皮膚の内側のアポクリン腺とエクリン腺を削り取ります。
 この方法は傷跡もほとんど残らず、完全にわきがを治すことができます。


カテゴリ: 体臭







  話題のにおい対策グッズ【デオシーム製品】

TVでも紹介された消臭繊維「デオシーム」。
デオシームは、スポーツ衣料メーカーのフェニックスが開発した消臭製縫糸です。
臭気を化学的に中和し、臭いそのものを別の成分に変化させる革新的な消臭糸です。
特にアンモニア臭(汗、尿等の分解物質)、イソ吉草酸臭(ワキガ、足のニオイ)、ノネナール臭(加齢臭)などのにおいに対して消臭作用があります。
消臭力は、洗濯することで空気中の水蒸気とイオン化して離れるので、半永久的に持続するということです。

アウトドア用の衣類ですが、キャミソールや下着などは普段使いにもできますよね。
      

詳しくデオシーム製品を見る>>




  お気に入りの服に汗じみつけたくありませんよね?

気温も高くなって、ワキの下に汗をかき始める季節となりました。
朝、出かけるときに制汗スプレーをシューっとひとふきしてもなかなか汗はとまらないもの。
お気に入りの服に汗じみができたまま放っておくと、黄ばみの原因にもなります!

そこで、汗取りインナーがあれば、お気に入りの服の下に着用するだけ。
ワキの下の汗をしっかり吸い取ってくれますし、
汗ワキパッドのように張り替える面倒もありません。

一度、ご覧になってみませんか?

汗取りインナー夏本番!

脇や背中の汗・汗ジミ、こっそりガードしましょ!

気になる汗をしっかりガード!汗ばむ季節に欠かせない、汗取り肌着、汗取りキャミなど

【インナーウエア】汗ばむ季節に欠かせない、汗取りインナーが登場!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。