病的なおりものによるにおい

おりものが黄色っぽく、うみのようなものが混じり、ひどい悪臭を放っているようであれば、早めに医師に相談し、適切な処置をしましょう。
においを抑えるよりも、病気の治療が最優先です。病気が根治すればにおいもなくなるでしょう。

●カンジダ膣炎
 膣の中は強い酸性に保たれています。カンジダ・アルビカンスというカビは酸性の場所を好んで繁殖します。
 これらの菌が膣の中に入ると黄色っぽいおりものがでてかゆくなります。
 されに汚れた下着の上から汚れた手でひっかいたりすると、大腸菌や雑菌が増えてますます悪化します。
 思春期の女性や、妊娠中の女性は特に注意しましょう。

●トリコモナス膣炎
 トリコモナス原虫が膣の中に寄生して起こる病気です。
 この病気にかかると、膣の中は小さな泡を含んだうみのようなおりものがたまって、粘膜が赤くはれ、表面がざらつくことがあります。







  話題のにおい対策グッズ【デオシーム製品】

TVでも紹介された消臭繊維「デオシーム」。
デオシームは、スポーツ衣料メーカーのフェニックスが開発した消臭製縫糸です。
臭気を化学的に中和し、臭いそのものを別の成分に変化させる革新的な消臭糸です。
特にアンモニア臭(汗、尿等の分解物質)、イソ吉草酸臭(ワキガ、足のニオイ)、ノネナール臭(加齢臭)などのにおいに対して消臭作用があります。
消臭力は、洗濯することで空気中の水蒸気とイオン化して離れるので、半永久的に持続するということです。

アウトドア用の衣類ですが、キャミソールや下着などは普段使いにもできますよね。
      

詳しくデオシーム製品を見る>>




  お気に入りの服に汗じみつけたくありませんよね?

気温も高くなって、ワキの下に汗をかき始める季節となりました。
朝、出かけるときに制汗スプレーをシューっとひとふきしてもなかなか汗はとまらないもの。
お気に入りの服に汗じみができたまま放っておくと、黄ばみの原因にもなります!

そこで、汗取りインナーがあれば、お気に入りの服の下に着用するだけ。
ワキの下の汗をしっかり吸い取ってくれますし、
汗ワキパッドのように張り替える面倒もありません。

一度、ご覧になってみませんか?

汗取りインナー夏本番!

脇や背中の汗・汗ジミ、こっそりガードしましょ!

気になる汗をしっかりガード!汗ばむ季節に欠かせない、汗取り肌着、汗取りキャミなど

【インナーウエア】汗ばむ季節に欠かせない、汗取りインナーが登場!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。