生ゴミの臭いを防ぐには

○生ゴミの捨て方
生ゴミの臭いは、空気中の細菌が食品のたん白質を分解する時に発生します。
つまり、生ゴミに臭いを防ぐには、生ゴミを空気に触れさせないようにすればいいのです!

「におい」のきつい魚の内臓などは、新聞紙などで包み、さらにポリ袋に入れて密封してからゴミ箱に捨てましょう。
その際には、空気を十分抜いてから密閉しましょう。
また、野菜などの皮は余分な水分をつけないことも臭い対策になるので、じゃがいもなどの野菜はまず皮むきしてから洗うようにしましょう。
そうすると、ゴミとなる皮には余分な水分をつけずに捨てられます。

また、夏など臭いのでやすい時期には、生ゴミをポリ袋に入れて冷凍しておき、凍ったままゴミ袋に入れてゴミの日に出すと、嫌な臭いを発することなく捨てられます。
(ゴミを冷凍庫に!?って、少し抵抗はありますが・・)

○ゴミ箱にも工夫を
お菓子や海苔の袋に入っている乾燥剤を、生ごみを捨てるゴミ箱の底にいくつか敷き詰めておくと、湿気や臭いを防止することができます。
ただし、水をかけると高温の熱を発する乾燥剤もあるので、ゴミを捨てるときは水気をよくきり、水の漏れないポリ袋に入れて、口をしっかり縛ってから捨てましょう。

○生ゴミのにおいを消すグッズ
 生ゴミバイオ消臭 200g
生ゴミバイオ消臭は生ゴミにふりかけるだけで驚くほどニオイを消臭します。収集日までにおいをシャットアウト!生ゴミバイオ消臭の中に含まれる成分が悪臭の働きを抑え、ニオイが漂うのをガードします。
 価格:1,050円(税込)

泡でつつんで匂いを消臭!≪GL消臭FOAM≫
消臭機能の泡でニオイをおさえるキッチン用消臭フォーム。消臭機能をもった泡がイヤなニオイを消し去ります。泡は長時間持続するため、お出かけ時にキッチンの三角コーナーに吹きかけておけば、帰ったときの台所の嫌な臭いも解消。
 価格:840円(税込)

カテゴリ: キッチンのにおい







  話題のにおい対策グッズ【デオシーム製品】

TVでも紹介された消臭繊維「デオシーム」。
デオシームは、スポーツ衣料メーカーのフェニックスが開発した消臭製縫糸です。
臭気を化学的に中和し、臭いそのものを別の成分に変化させる革新的な消臭糸です。
特にアンモニア臭(汗、尿等の分解物質)、イソ吉草酸臭(ワキガ、足のニオイ)、ノネナール臭(加齢臭)などのにおいに対して消臭作用があります。
消臭力は、洗濯することで空気中の水蒸気とイオン化して離れるので、半永久的に持続するということです。

アウトドア用の衣類ですが、キャミソールや下着などは普段使いにもできますよね。
      

詳しくデオシーム製品を見る>>




  お気に入りの服に汗じみつけたくありませんよね?

気温も高くなって、ワキの下に汗をかき始める季節となりました。
朝、出かけるときに制汗スプレーをシューっとひとふきしてもなかなか汗はとまらないもの。
お気に入りの服に汗じみができたまま放っておくと、黄ばみの原因にもなります!

そこで、汗取りインナーがあれば、お気に入りの服の下に着用するだけ。
ワキの下の汗をしっかり吸い取ってくれますし、
汗ワキパッドのように張り替える面倒もありません。

一度、ご覧になってみませんか?

汗取りインナー夏本番!

脇や背中の汗・汗ジミ、こっそりガードしましょ!

気になる汗をしっかりガード!汗ばむ季節に欠かせない、汗取り肌着、汗取りキャミなど

【インナーウエア】汗ばむ季節に欠かせない、汗取りインナーが登場!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。