香水の種類

『香水』といっても、種類はさまざまです。
フレグランスは香りのもとになるエッセンスの濃さによって、「香水」「オーデパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」と4種類に区別されます。

●香水
  エッセンスの濃度:15〜25%
  香りの持続時間 :5〜7時間以上
  特徴  :完成度が高い
  使用目的:夜の外出・パーティーに

●オーデパルファム
  エッセンスの濃度:10〜15%
  香りの持続時間 :5時間前後
  特徴  :香水に比べ価格が割安
  使用目的:昼のパーティーや観劇に

●オードトワレ
  エッセンスの濃度:5〜10%
  香りの持続時間 :3〜4時間
  特徴  :気軽に日常で使える香り
  使用目的:昼の外出やオフィスに

●オーデコロン
  エッセンスの濃度:3〜5%
  香りの持続時間 :1〜2時間
  特徴  :気分をリフレッシュする感覚で使える
  使用目的:入浴後、スポーツの後に

カテゴリ: 香りの活用


香水の香りの変化

香水は体温や体臭で微妙に変化します。
また、香水はつけてから時間が経つにつれて、香りが変化します。

●トップノート(つけた直後10〜30分間)
 アルコールや柑橘系のエッセンスが強く香ります。

●ミドルノート(1時間〜5時間)
 香水の本質的な香りです。

●ラストノート(最後)
 つけた人自身の体臭となった香りが強く感じられる。
カテゴリ: 香りの活用


香水をつける

香水は温められるとよく香り、下から上へ、内から外へ立ち上る性質があります。
この性質を利用して、香水を上手に使いましょう。

【香水をつける場所】
 ●くるぶし
 ●ひざの裏
 ●ももの内側
 ●手首(静脈の上)
 ●ひじの内側
 ●うなじ
 ●耳の後ろ(うなじ)

体の内側はうぶ毛が少なく体温も高いので、香りが立ちやすいです。
また、衣類につくとシミとなってとれない場合がありますので注意しましょう。
カテゴリ: 香りの活用


香りの種類

香りの種類はたくさんあります。自分にあった香りを見つけましょう。

●グリーンノート
 草や若葉のすがすがしいニュアンスをベースにした香り。さわやかでシャープな感じ。

●フローラルノート
 バラやジャスミンなど甘い香り。フェミニンなイメージ。
 
●シトラスノート
 柑橘系の果皮の香り。活発なイメージ。

●ウッディノート
 白檀やヒノキなどの木の香り。大人っぽく落ち着いた雰囲気。

●シプレノート
 柑橘系・モッシー・フローラルなどをメインに調香されている。フォーマルで落ち着いたニュアンスの香り。

●オリエンタルノート
  バニラ、没薬(ミルラ)や乳香(オリバナム、フランキンセンス)等の樹脂系を基調とした香り。
 セクシーで神秘的な香りで夜のパーティなどに。

カテゴリ: 香りの活用

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。