排水口のにおいの原因

洗面所や脱衣所、お風呂から下水・汚水・どぶのような悪臭が上がってくることはありませんか?

配水管はにはトラップ(P字やS字に曲がっている、もしくは流し台にあるようなワントラップ)があり、そこに水がたまるようになっています。
この水は封水といって、臭いや虫が下から上がってくるのを防ぐ役目をしています。

しばらく水を流していなかったり、夏場など蒸発してしまってこの封水がなくなっている可能性があります。
封水がなくなっていたり、少なくなっていると、下水からのにおいが直接あがってきてしまいます。
蛇口をひねって、トラップに水をためるようにしましょう。

それでもにおう場合は、トラップに汚れが付着していたり、ゴミがたまっている可能性があります。

【たっぷりの水を勢いよく流す】
シャワーつき洗面台の場合は、排水口に向かって勢いよく水を流してみましょう。
その後、水の勢いを弱め、トラップに水をためておきます。


【漂白系洗剤で配水管を掃除する】
配水管の内側に汚れが付着している可能性があります。
漂白系洗剤を使って、配水管の汚れや封水にたまったゴミを分解してきれいにしましょう。
それでにおいが抑えられることもあります。

    


【普段は洗面台ボウルの栓をしておく】
排水口からにおいがあがってくるのを防ぐために、普段は栓をしておくとよいでしょう。

それでも解決しない場合→
コチラ




洗面所・排水口のにおい対策

しつこい洗面所や脱衣所、お風呂から下水・汚水・どぶのような悪臭には、根本から対策しないといけない場合があります。
少々手間がかかりますが、洗面台の下の扉を開けてみましょう。

洗面台からつながっているパイプが床の排水口とつながっている部分をよく観察してください。
すき間がありませんか?
このすき間から悪臭が漏れてきている場合があります。
パイプとの接続部分のすき間に耐水パテを埋めてすき間をふさいでしまいましょう。

耐水パテは、ねんどのようなやわらかいものなので、時間が経ってかたまることもありません。
手で簡単にちぎって埋めることができます。
(エアコンと室外機をつなぐ配管の隙間を埋めているパテと同じ要領です。)

    

それでもにおう場合は、洗濯機の配水管の継ぎ目の隙間からにおうのかもしれません。
洗濯機を少し移動させて、配水管と床のつなぎ目を確認してみてください。すき間があいていませんか?
配水管の接続部分の隙間に、耐水パテを埋めて隙間をなくしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。